読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内々定の後に考えたこと

内々定を頂いた。

来年度からはこの町から離れることになりそうだ。

そんなことを考えながらいつものラーメン屋に向かった。

 

いつも注文している「ラーメン」「替え玉」の食券を買う。

この組み合わせは非常にコスパがよく、最も安価な組み合わせだ。

ラーメン屋の親父さんも「あいよ」といつもの返事を返し、「ラーメン」の食券を受け取る。

 

まわりを見渡すと客が1人もいない。

正確には、自分以外の客がいない。

 

ふと考えた。

このラーメン屋はいつかつぶれてしまったりしないだろうか?

自分は来年度からこのラーメン屋に来る機会は減るだろう。その時まで残っているのだろうか?

いや、そもそも来年度まで残っているだろうか…

 

 

 

 

 

ラーメン混ぜそばがっつんの件が頭をよぎった。

連日繁盛していたがっつんですら突然店がつぶれたのだ。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今度来店する時はトッピング全増しを頼もう。