SRU P3カービンキットのレビュー

結論:SRU P3カービンキットを買った

 

 

 

経緯

東京マルイグロック34を買った

VECTOR OPTICS Sphinx 1x22レッドドットサイト(画像1,2)
マルイグロックスライドにミニドットサイトをマウントできる金具を購入


友人とシューティングバーへ行くも、マウントの具合が悪く、電池の接触の関係でドットサイトが点いたり消えたりし、金払って買った利用時間の半分を無駄にしてしまった

グロックのカービンキットを買い、スライドと独立した部分にドットサイトをマウントしよう

 

f:id:hthsi:20170617230823j:plainf:id:hthsi:20170918165426j:plain
画像1:ドットサイト自体はよくできている
画像2:ZIMA右上のやつがドットサイトをマウントしたグロック34

 

 

 

 

 

カービンキットの選定

1.Micro RONI カービンキット

https://www.caagearup.com/content/images/thumbs/0001475_micro-roni-eur.jpeg

画像出典:CAA GEAR UP

www.caagearup.com

 

かっこいい…

だがマルイのグロックは他社のものより厚みがあり取り付けられないので諦めた。

 

 

 

2. ENDO Tacticak ストック

https://www.endotactical.com/images/intro1.jpg

画像出典:ENDO Tactical

ENDO Tactical - Everyday, No Days Off | Tactical Stock Adapter Glock Edition (TSA-G)

 

グロックらしさがそのまま残っていて良い…

しかもホルスターにそのまま突っ込めるのも良い。

しかし、ドットサイトマウントをスライドから独立させたいという目的に合致しなかったため、諦めた。

 

 

 

3. SRU P3カービンキット

https://static.wixstatic.com/media/c800b1_2db2c5f18b724e6789bb3fc34b1f2a58.jpg/v1/fill/w_980,h_551,q_85,usm_0.66_1.00_0.01/c800b1_2db2c5f18b724e6789bb3fc34b1f2a58.jpg

画像出典:SRU Airsoft

www.sru-precision.com

これにした。

ホルスターに入らないのはしょうがない。

ホルスターにはサイドアームとしてマルシンのFive-seveNを入れておくことにする。

 

 

 

 

 

レビュー

・3Dプリントによる成形
・内部パーツは基本マルイからの移植。キットに含まれている金属パーツといったらナットやピン程度
・マウントレール周りの部品も樹脂でできているものの、テカリ具合が異なることから、素材やらに違いがあるのかもしれない
・組み込み自体は1時間もあれば十分

 

良かった点
・マガジンは自重で落下します
・マガジンのガタはほぼ無い。手で強く押しても(動いたかな?)程度
・ドットサイトを強くひねるとわずかに照準がズレるが、射撃の振動程度では問題ない
・空いた手はマガジンの近くをピストルのように握るとかなり安定する
・リアへビィだけど片手で持っても全然滑らないし思ったより安定する
・ストックのがたつきがまったく無い
・↓の画像のように銃口を下に向けた状態で机の上に置けるので、セーフティーエリアで銃を向ける方向に悩まなくてすむ

f:id:hthsi:20171009183804j:plain

 

悪かった点
・スライドストップレバーが一部干渉していたので、慣らす必要があった
・ホルスターに入らない点(仕方ない)

 

 

 

 

 

購入するにあたって、H.T.G.楽天市場店様を利用させていただきました。

2017年10月現在、最も安いのではないかと思います。

送料なしで大体13,000円弱で、とても良い買い物ができたと思います。

2016年 調布祭ミスコン 準優勝の裏側について

調布祭ミスコン2016で準優勝した(団体名:電通大女騎士団)ので、ミスコンにかかった時間的コストなどについて書いてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンス練習

予選:千本桜(1度目のサビ以降は手に持つアイテム変えただけの振り付けリピート)
本戦:リアルワールド(いくつかの振り付けをオリジナル化)
   No brand girls(ほぼ一昨年やったまんま)
   スイートマジック(ほぼ昨年練習したまんま)

 

昨年と一昨年のミスコンの曲を転用しているので実質2曲しか練習していない。7回くらいしかダンス練してないはず。

プロジェクターで踊ってみたを壁に投影しながら練習するのが一番効率がいい。このとき、GOMプレーヤーを使えば左右反転も再生速度変更もできて便利。(矢印キーで10秒巻き戻しできるのも強い)

 

 

 

音声の編集

audacityというフリーの編集ソフトを紹介してもらってあとはググってやった。

肉声にリバーブつけたりもコレ一本でできるのでよっぽどのことがなければこれだけでいいんじゃないのかな?

ボイスチェンジャー的な使い方をしようと思ったけど地声がそんな良くないので結局諦めた。

素材を切り貼りするだけなのでトータル1日くらいで編集してると思う。

 

 

 

衣装

 この素材の状態が調布祭1週間前の土曜日で、火曜日には全体を完成させているので、4日間?で作りきったことになる。

胴体部分はギャクヨガさんという作り方から型紙までHPに乗せてくださっている方のを参考に作りました。この場を借りてお礼申し上げます。

Fateセイバーの鎧 胴体防具の作り方(型紙付き) -コスプレ造形の作り方と型紙のサイト[ギャクヨガ] 作例400種以上公開、武器、防具、小道具等

 

 

 

演劇練習

ダンスの練習は俺一人でいいけど、オーク役との演劇の打ち合わせはその他にやっておく必要がある。

カメラなどで撮影をして、演技についての指導などをした。○調とのリハーサルもあわせて5回くらいやったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女装おじさん達による打ち上げ

面子を集めるのに3年以上かかったので、ここが一番価値のあるものになっているといっても過言ではなかったりする

matlabでランダムドットを書く方法についての段階的考察

matlabを用いてランダムドットを書く、ということを研究でやっていく途中で色々考える必要に迫られたので、目的に応じたものを書き記そうと思う。

matlabで食ってる人はこんな記事読まないだろうし、初心者向けってことで書いています。

 

matlab ランダムドット」でググって来た人で「結局どうやってプログラム書けばいいのかだけ知りたい」って人は一番下側にある3行だけ見ればおk 

 

 

 

 

 

 

 

例題「2×5で作られたエリアの30%を黒で塗ったランダムドットを作る」

まず思いつくのは各配列要素に対して30%の確率で黒情報を入力するfor文を書いてやること。

 

① 

img=zeros(2,5);   %2*5の真っ白な配列を用意
for i = 1:2;
 for j = 1:5;
  if ( rand < 0.3 )   %乱数が0~1の間で生成され、それが0.3未満なら以下を実行
   img(i,j) = 1;
  end
 end
end

 

これでimgの約30%が黒なランダムドットが生成されることになる。

しかしこの方法だと、乱数の出方によっては、10マスのうちピッタリ3マスだけ塗り替えられるという保証は無い。

 

なので最初から塗り替えるマスの数を指定しておく手法を考える。

 

img=zeros(2,5);
numDots = round(2*5*0.3);   %roundを使えばnumDotsが整数に丸められる

while (numDots > 0)
 i = randi(2);
 j = randi(5);   %これらによってiとjにそれぞれ1~2、1~5の間のランダムな整数を入れる
 if (img(i,j) == 0)
  img(i,j) = 1;
  numDots = numDots -1;
 end
end

 

上記の方法では、「適当に選んだ場所の色が白だったら黒に塗り替える」を予め塗り替えると決めた量だけ行う。これによって確実に指定の黒密度のランダムドットが書ける。

 

上のプログラムの致命的な弱点としては、「既に黒だったならもう一度新しい座標を探す」という試行が何度もダブるせいでありえんほど時間がかかるということ。

50%以上が黒であるランダムドットを作りたいなら、むしろ最初から全部黒で塗っといて、あとから白で塗り直すようにしたほうが早くなる場合も出てくる。

 

次に、さらに高速化を狙った方法を記す。

 

img=zeros(2,5);
numDots = round(2*5*0.3);
for i=1:2;
 for j=1:5;
  if( numDots > 0 )
   img(i,j)=1;
   numDots=numDots-1;
  end
 end
end   %ここまでで30%が黒の配列を作っちゃう

turn=10000000;
while( turn > 0 )
 i1 = randi(2);
 j 1= randi(5);
 i 2= randi(2);
 j 2= randi(5);
 z=img(i1,j1);
 img(i1,j1)=img(i2,j2);
 img(i2,j2)=z;
 turn=turn-1;
end

 

こんな感じで「最初の30%を黒く塗ってあとランダムに掴んでとりかえる」といった方法。もちろんランダムにひっくり返すだけなので、試行数が少ないと全然ランダムドットにならない。

この方法の欠点としては、「何回ループすれば『ランダム』ドットであるかを主張できるかわからない」ということがあげられる。

ちなみに、まだ試していないがwhileのとこから以下のように書き換えたら多少シャッフルが綺麗に実行されると思うし時間の短縮になると考えられる。

 

for i =1:2;
 for j=1:5;
  i1 = randi(2);
  j1 = randi(5);
  z=img(i,j);
  img(i,j)=img(i1,j1);
  img(i1,j1)=z;
 end
end

 

片方の手で順番に掴み、もう片方の手はランダムに掴む。

これなら全マスに入れ替えのチャンスがあるのでランダムな配列を作ったと言えるのではないか

 

最後に最適解としてrandpermという便利関数を用いる方法を紹介する。

これは例えば

 

A=randperm(5,3)

 

とすると、Aの中に[4 2 5]のように1~5の間から適当なが3つダブらず割り振られる関数だ。

これを利用して次のように書く

 

④ 

img=zeros(2,5);
A=randperm(2*5,3);
img(A)=1;

 

このときAは1*3の行列になる。imgは2*5の行列のはずだが、行列の要素ごとに番号が割り振られていて

img= [① ③ ⑤ ⑦ ⑨
          ② ④ ⑥ ⑧ ⑩]

みたいな順の1*10行列としてmatlabが勝手に扱ってくれるそうなので、img(A)とすれば30%分の要素だけダブらずに抽出できるらしい。

 

ベクトルと行列の違いがいまいちわからないので雑な説明になってしまったが、こんな感じで一定割合のランダムドットは生成できるはず。

 

 

勝手にオプション変更されてMNP受けられなさそうになった問題(解決済み?)

産業で

S社にMNPした。

S社のショップに勝手にオプション・サービスを変更された。

でもなんとかCBは受け取れるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しい内容

7月末

携帯ショップOにてA社からS社MNPした。

指定オプション・サービスに一定期間加入することでショップOから10月末にCBを貰う、という契約を交わす。この指定サービスの中には「快適モード」が含まれる。
(大した問題ではないが、オプションと呼ぶのが正しいのかわからないのでサービスと呼ぶことにする)

 

 

9月上旬

実家がSB光に加入しているため、回線と紐付けをし、月額料金を割引きしてもらうよう契約を更新した。

この時、実家付近のS社のショップを利用したが、ショップを後にしたタイミングで「快適モード」が「制限モード」変更されていることに気づいた。また、「アメリカ放題」が追加されていた。(更に後で気づいたが、マイSBショップにこのショップが追加されていた。)

SB光の紐付け以外の説明は受けていない状態でこれらのオプション・サービスの変更がなされていたため、おかしいと思った。

 

 

その後、まず携帯ショップOに問い合わせ、「現在の状態でCB条件を満たせているか」と「今から快適モードに手動変更することでCB条件を満たせるようになるか」を確認した。

携帯ショップOによると、「S社のデータをシステムが機械的に参照するため、変更履歴が残っている以上はCBできるかわかりません。10月末になって振込みの有無を確認する以外に確認の手段がありません。」ということだった。

 

次に157に電話し、サポートセンターに事のあらましを説明した。

サポートセンターによると、「S社側が操作して快適モードが制限モードに変更されているという履歴が確認できました。」とのことだったため、S社のショップに詳しい事情を聞くことにした。

 

S社のショップによると、「こちらが誤操作をした可能性が高いです。とりあえず快適モードに戻す手続きを行います。」とのことだった。

 

 

先週

最寄の消費生活センターに向かい、相談した。

相談した結果、「消費生活センターからS社のほうに履歴の操作ができないかどうか伺います。」ということになり、もし万策尽きそうなら弁護士の方に声をかけると良いということを教えていただいた。

 

 

今日

消費生活センターの方から電話があり、「誤操作を行ったショップからも話が上がっていたようで、S社のほうで履歴の操作をしていただけることになりました。携帯ショップOさんにも話はついており、そちらから連絡を入れるということになりました。」という内容を伝えていただいた。

それと、「アメリカ放題については「チェックされているように見えた」ために加入操作を誤って行ったようです。快適モードの変更は単に操作ミスらしいです。」という話も伝えていただいた。

しかしこの時点で携帯ショップOからは電話はきておらず、こちらから確認の電話をすることになった。

 

そして携帯ショップOに電話をし、この契約状態を続けられれば問題なくCBは支払われるという確約をもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

>消費生活センターさん
ありがとうございました。こちらの話をうまくまとめていただけてとても助かりました。一番の功労者。

 

>S社のショップ
面倒なので「誤操作」ってことにしておくけどもう絶対関わりたくない。元凶。

 

>携帯ショップO
ある意味一番の被害者。

 

 

 

10月末になってCBもらえなかったらまた騒ぎます

僕のポケモンGOを快適にしてくれたアイテム一覧

スマホ

バッテリー容量と放熱性能を兼ね備えていると頼もしい。
防水のものなら雨天でも気にならないし、水気のあるもので表面を覆って吸熱させる荒業もできるので便利。

 

 

 

モバブ(ポータブル充電器)¥2500程度

必須。
10000mAh程度のものくらいだとポケットにもギリギリ入るので使いやすい。
自分はモバブを2つ用意したが、ディスプレイ輝度を最低に・AR機能OFFに・省電力モードONに、設定しているため2つ目がいらない子になっている。

 

 

 

シューズ ¥15000程度

merrell moab mid gore-tex XCRを普段履きしている。
いわゆるトレッキングシューズ(ハイキングなど用)のものだが、水たまりを無視して歩ける防水性能のおかげでかなり楽に歩ける。

ちなみに詳しいレビューをこちらでしている(merrell moab mid gore-tex XCR レビュー - 週休5日

 

 

 

帽子 ¥2000程度

晴れの日はかなり助かる。家に帰ったらリセッシュかけて干してやることを忘れずに。

 

 

 

S字カラビナ ¥600程度

屋内など、帽子をはずしたい時に腰につけれるので便利。
その他にも、モバブとのケーブルが弛まないようにする用途にも使える。
自分は外出時のトイレ利用時に、傘を腰につけるなどにも使っている。

 

 

 

バッグ

リュックタイプは背中が汗をかきやすいので向かない。
バンダリアタイプも同様の理由で不向き。
肩掛けのポーチのようなものだと胴回りがすっきりして便利。

自分はスマホの充電口が側面についているため、充電しながらズボンのポケットに入れると端子に力がかかってしまう悩みがあった。しかしポーチタイプならその悩みは解消される。また、ポケット内で誤ってホームボタンが選択されることがなくなる。

 

 

 

バッグ容量追加 ¥1200

ちまちま傷薬捨てるくらいなら1200円くらい課金してバッグ容量増やすべき。
ポケモン容量については捕まえた瞬間に逃がすなどしておけばそうそう簡単に250匹も貯まらないだろうし、厳選するまでは特に必要はなさそう。

内々定の後に考えたこと

内々定を頂いた。

来年度からはこの町から離れることになりそうだ。

そんなことを考えながらいつものラーメン屋に向かった。

 

いつも注文している「ラーメン」「替え玉」の食券を買う。

この組み合わせは非常にコスパがよく、最も安価な組み合わせだ。

ラーメン屋の親父さんも「あいよ」といつもの返事を返し、「ラーメン」の食券を受け取る。

 

まわりを見渡すと客が1人もいない。

正確には、自分以外の客がいない。

 

ふと考えた。

このラーメン屋はいつかつぶれてしまったりしないだろうか?

自分は来年度からこのラーメン屋に来る機会は減るだろう。その時まで残っているのだろうか?

いや、そもそも来年度まで残っているだろうか…

 

 

 

 

 

ラーメン混ぜそばがっつんの件が頭をよぎった。

連日繁盛していたがっつんですら突然店がつぶれたのだ。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、今度来店する時はトッピング全増しを頼もう。

非常につらい

divisionというゲームでチーターにボコボコにされて心が折れた。

 

 

 

 

 

 

divisionってなに

divisionというのは三人称視点のシューティングゲーム

銃や防具などにそれぞれパラメーターが振ってあり、同じ装備でも強さや効果が違い、ここに育成要素がある。

また、プレイヤー同士でパーティを組みミッションを行ったり、一部のエリアではプレイヤー対プレイヤーの対人戦を楽しむこともできる。

 

 

 

なにが楽しいか

育成ゲーム的側面を持ちながらもシューティングゲームである、つまりプレイヤーの腕前によって上級装備のプレイヤーを出し抜くこともできること。逆もまたしかり。

装備やレベルが完全に強さの指標ではないというところが面白い。

 

まぁでも装備が弱いとパラメータの上限値自体が低くなってどうしても限界が来てしまうので、装備を強くする必要はある。

 

 

 

楽しむためになにが課題となるのか

divisionでは、強い装備を入手する方法は大きく分けて2ステップある。

 

プレイヤーレベル30まで
・装備には「装備可能レベル」が30以下で設定されており、基本的にレベルの高い装備が強い。なので、自分のレベル以下で一番レベルが高い装備を使えばよい。これはさほど難しくなく、ストーリーを進めていくだけで良い。

 

プレイヤーレベル30(カンスト)以降

・手に入る装備はみんな装備レベル30となる
・装備には「レア度」が設定されている。基本レア度が高いほうが「強い装備」となる。

・最上級のレア装備の入手方法は主に2つ
①野良でパーティを作り、難しいミッションをひたすらやる(たとえば、密室の中従来より多くの敵と15waveの間一度も全滅せずに40分ほど戦い抜く)
②対人戦エリアの敵やプレイヤーを倒して経験値を稼ぎ、装備の設計図を買う。ここで設計図を買うには対人戦エリアでのレベルをかなり上げないといけない。

 

このが主な課題となる。

 

 

 

課題についての現状

の「ひたすら難しいミッションをやる」という問題だが、難易度が非常に高い。
そのため、バグを利用して安全にボスを倒す方法(グリッチ)が横行しているほどだ。
どれほど難しいかというと、最難関のミッションに「ミッションの目的を理解できていない」「地形やアイテムの場所を理解していない」「言葉が通じない」ような味方を引き当てるともれなく1時間が無駄になるレベルだ。

 

の「対人戦エリアでしか上がらないレベルを上げる」という内容だが、このレベルというのは対人戦エリアでプレイヤーが戦闘不能にされると下がる。(正確には「経験値が没収され、総経験値で計算される『レベル』が下がる」ということがある)

つまり、チート行為によってキャラクターの能力などを改ざんしたプレイヤーに何度も倒されるとレベルが下がり、「欲しい装備の設計図が一向に買えない」ということが起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間ほどの前の俺がその被害者ってわけだ。

壁の中から他プレイヤーに一撃必殺の攻撃食らわされたり、HPをゼロにして這い蹲らせたはずの他プレイヤーが一瞬で他エリアに移動して何食わぬ顔で即死攻撃乱発してきたりしたら誰だってつらい。俺だってつらい。

 

ちなみにHP9万アーマー60%強だったので、実質HPは225000くらいになる。

これを一発のベクターで削りきられたわけだ。

 

 

 

 

 

 

divisionは「致死性の高いウイルスで人類滅亡の危機!有事の際に活動することを目的としたエージェント"Division"である貴方がNYの治安を守る!」という正義の味方的なゲームらしいが、Division達がチートやグリッチしまくる不法地帯になってるの最高にウケるな。